先生紹介

お子様のあらゆる症状に向き合い、
お子様のこころとからだの
健康について考えていきたい。

勤務医時代は血液腫瘍を専門とし小児がん診療に打ち込みました。そのかたわら大阪での専門病院での診療以外は常に救急医療、小児一般診療を平行しておこなってきました。症例に恵まれた病院で勤務できたおかげで血液腫瘍以外にも救急疾患、循環器(心臓)疾患、神経疾患、腎臓疾患、心の病気など様々な病気と向き合うことができました。

血液腫瘍性疾患はほとんどが難病です。難病を診療する際に最も大事なことは患者さんへの十分な説明とコミュニケーションです。保護者への説明やコミュニケーションはもちろんのこと、患者さん本人のお子さんへの説明やコミュニケーションも極めて大事です。

クリニックの診療も、一人一人の一回当たりの診療時間は決して長いものではないですが、やはり説明とコミュニケーションが一番大事と考えます。どんなに診療の際に持っている医療知識が高度だとしても、患者さんに伝わらなければ意味を持ちません。高度で最新の医療知識を持つべく日々研鑽いたしますが、それ以上に少しでも必要な知識、情報を分かりやすく、正確にお伝えするよう努力する所存です。もちろん日々勉強中の身です。説明で分かりにくいこと、知りたいことと説明されたことがずれている場合は、どうぞご遠慮なく再度お聞きください。

院長/医師 坂田 顕文

経歴

  • 昭和50年岐阜市生まれ
  • 平成11年岐阜大学医学部卒業
  • 平成11年沖縄県立中部病院にて臨床研修
  • 平成14年沖縄県立八重山病院小児科勤務
  • 平成15年沖縄県立中部病院小児科勤務
  • 平成16年大阪府立母子保健総合医療センター
    血液腫瘍科勤務
  • 平成18年岐阜市民病院小児科勤務
  • 平成21年さかたこどもクリニック勤務

認定資格

  • 小児科専門医、地域総合小児医療認定医、
    「子どもの心」相談医

所属学会

  • 日本小児科学会、外来小児科学会、
    小児アレルギー学会

趣味

  • ゴルフ、ジョギング、サイクリング
上にもどる