診療案内

子どもの問題は
小児科で完結することを目標に、
全身の診療をおこなっております。

お子様の体調変化や症状を見て、気がかりな時はご相談・ご連絡を。

お熱、せき、たん、鼻水、のどの痛みなどの症状のほか、気がかりな症状・ご容態の際は、まずはご連絡ください。また、いぼ、魚の目などの皮膚の異常や陰部や股関節の異常、目や耳の検査、慢性疾患、アレルギー疾患の管理など、全身の診療もおこなっております。

発熱
けいれん
アレルギー
心・発達

子育ての悩み、発達の相談、治療方針の選択、肥満、低身長など、様々なお悩みをご相談いただける「じっくり外来」も開設しております。まずは、お気軽にお声がけください。

じっくり外来について詳しく

定期・任意の小児予防接種、
乳児健診をおこなっております。

当クリニックでは、乳児健診、定期・任意接種専用の時間枠をご用意し、一宮市をはじめとした「乳幼児健診」のほか、小児用ワクチンの「定期接種・任意接種」を行っております。ご希望の方は、お電話にてご予約の上、お越しください。

乳児健診、定期・任意接種について

また、小児ワクチン接種のタイミングのご相談など、保育園や幼稚園など集団生活に入る前に、適切な接種が済むよう、接種スケジュール管理のご相談も承っております。いつ、どのワクチンを接種すればよいのか、お悩みの場合も、お気軽にご相談ください。

乳児健診児に視力スクリーニングをおこないます。

乳児健診児に無料でおこなっています。乳児健診以外のときも自費診療として1回500円でおこなっています。

視力スクリーニングとは、弱視の原因として頻度の高い遠視、乱視、斜視、近視などを簡易的にチェックするものです。弱視はできるだけ3歳未満、おそくとも5歳未満で発見が望ましい視力の異常で、発見が遅いと治療成績が落ちていきます。3歳時健診にて視力チェックは行われますが、まだ年齢的にうまくチェックができないことが多いのが現状です。そのため「視力スクリーニング」が登場しました。

乳児健診、定期・任意接種について

ページがうまく表示されない場合は、〈再読み込み〉や〈更新〉をおこなってください。

さかたこどもクリニックでは
こんな機器で診療を行っています。

視力スクリーニング

視力の屈折異常を発見し、眼科医による早期治療につなげます。

ティンパノメトリー

滲出性中耳炎の有無や程度の判断に用います。

耳鏡

外耳道やその奥にある鼓膜などを検査し、中耳炎になっていないかどうかなどを診ます。

吸入器

吸入により喘息などの症状緩和、鼻づまりの吸引を行います。

血球計数器

血液中のヘモグロビン量を測定します。感染症や悪性腫瘍などの疾患の重症度や治療効果の判定に使用します。

超音波診断装置

心臓や肝臓など臓器の状態を体表から超音波を照射して断層像で観察します。

レントゲン撮影装置

少ないレントゲン線量で体に負担が少なく、速やかで適確な診断ができます。

上にもどる